読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

variable in string literal

Program Boo

Ruby では #{} が ${} になる。

i@u ~/test/boo> cat lit_var.boo
i = 1
print "i = ${i}"
i@u ~/test/boo> booi lit_var.boo
i = 1

つーわけで Boo Primer はだいたい読んだ。

document

Program Boo

関数の説明を埋めましょう、とのこと。

i@u ~/test/boo> cat document.boo
def func():
"""hoge"""
    pass
func()

ちなみに、 """ の前にスペースを入れるとか、関数宣言の次の行じゃないところに置くとかはエラーになるみたい。

それよりこれが。

Dick Brandon: Documentation is like sex: when it is good, it is very, very good; and when it is bad, it is better than nothing.

duck

Program Boo

普段は型推論つきの静的型付け言語で、 as duck とした部分だけ Ruby とか ObejctiveC みたいな世界に突入する、と。

i@u ~/test/boo> booi duck.boo
duck.boo(6,9): BCE0019: Boo.Lang.Compiler.CompilerError: 'Length' is not a member of 'System.Object'.

i@u ~/test/boo> cat duck.boo
i = 1
// i = "1"        // これはできない。 i は int になってるから。

o as object = 1
o = "1"
// print o.Length // これはできない。 object に size というメソッドが無いから。

d as duck = 1
d = "1"           // 大丈夫なのよさ。
print d.Length    // 大丈夫なのよさ。

i@u ~/test/boo> booi duck.boo
1

うん素晴らしい。

macro

Program Boo

マクロは自分で C# 書いたら定義できるっぽいのが面白そうなんだけど今やるのはちょとめどい

http://boo.codehaus.org/Part+17+-+Macros

print, assert, using, lock, debug ってのがマクロだそうだ。 print は print 、 debug は printf デバッグ用の物体の模様。 assert は assert 。

それはいいとして、 using が let で lock が synchronized なわけで、こういうのをマクロにするってのは見たことがなくて、なんか面白い発想だなーと思った。あ、いや、 LISP の発想か。

http://boo.codehaus.org/Syntactic+Macros

with 節を自分で定義とか、実にいい感じ。ああ素敵だ。

generator method

Program Boo

Fiber とか coroutine とかいうヤツ。さっきと等価なもの。

i@u ~/test/boo> cat gen_method.boo
def gen():
    for x in range(5):
        yield x*x
for i in gen():
    print i
i@u ~/test/boo> booi gen_method.boo
0
1
4
9
16

高階?ジェネレータを書いてみる。 Enumerable を取ってジェネレータを返すと良い。

i@u ~/test/boo> cat gen_gen.boo
def gen(g):
    for x as int in g:
        yield x*x
for i in gen(gen(gen(range(5)))):
    print i
i@u ~/test/boo> booi gen_gen.boo
0
1
256
6561
65536

generator expression

Program Boo
i@u ~/test/boo> cat generator.boo
for i in x*x for x in range(5):
    print i
i@u ~/test/boo> booi generator.boo
0
1
4
9
16

後置 for とかに見えますが、 x*x for x in range(5) が、 generator オブジェクトで、それを巡回している、と。ふむ。

foreach

Program Boo

コンテナから全部取り出すのは for variable in container で良い。

i@u ~/test/boo> cat foreach.boo
for i in (1,2,3):
    print i
for i in [1,2,3]:
    print i
for i in {'a':1, 'b':2, 'c':3}:
    print i.Key
    print i.Value
i@u ~/test/boo> booi foreach.boo
1
2
3
1
2
3
c
3
a
1
b
2

そろそろムラムラと iosh みたいな、補完機能つきのインタラクティブシェルが作りたくなってきました。非常にガイシュツの予感ですが。

なにかあれば下記メールアドレスへ。
shinichiro.hamaji _at_ gmail.com
shinichiro.h